裏側
faq.

正しいネックレス:賢く選ぶ

ネックレスは、どんなスタイルも格上げしてくれる究極のアイテムです。しかし、卒業式や記念日、パーティー、結婚式、デートなど、特別な日には、自分に似合うネックレスを見つけることが大切です。しかし、正しいネックレスを選ぶことは、必ずしも簡単な努力ではありません。

ネックレス:長さに関するいくつかの注意事項

ネックレスは、その長さによって大きく4種類に分けられます。チョーカーは最も長さが短く、首筋にぴったりとつけて使います。90年代に大流行しましたが、近年また復活しています。一番の魅力は?何にでも合うことです。



次の長さは、最も一般的なもので、プリンセスと呼ばれるものです。首のやや下、鎖骨の下に位置するこのネックレスの長さは、カジュアルなディナーから最もエレガントなものまで、普段着にもどんなイベントにもぴったりです。
マチネネックレスは、バストラインに位置し、カクテルドレスと一緒に着用するのに最適です。
最後に、最も長いネックレスは、オペラレングスのネックレス(通常28~37インチ)で、大きな一本鎖として長く着用することも、2本鎖のチョーカースタイルのネックレスとして短く着用することもできます。

正しい選び方

長さだけでなく、様々な要素がネックレスの印象を左右しますが、ここでは主に顔の形と服のネックラインの2つに焦点を当てます。
で見てきたように、ジュエリーを選ぶ際には、自分の顔の形を分析することが重要です。自分の顔(と首)の形と幅をよく見て、そこから判断してください。

楕円形の顔には、ほとんどのネックレスの長さが合うので、汎用性が高いです。丸顔なら、長めのネックレスで視覚的に長く見せることができますが、四角やハート型なら、短めのネックレスで顔の角度をなめらかにするのがポイントです。

ネックレスが服の焦点であるかどうかを決定するので、あなたが身に着けているネックラインは非常に重要です。例えば、タートルネックのジャンパーでは、首が露出しないので、ネックレスをつけないか、つけるとしたら、長い(またはオペラレングス)ネックレスやかさばるチェーンを選ぶとよいでしょう。しかし、ストラップレスやオフショルダーの場合、デコルテが完全に露出してしまうので、ちょっとワイルドに目を引くネックレスやチョーカーや宝石をあしらったネックレスなど、ミニマムなものを選ぶとよいでしょう。

Vネックやカウルネックには、V字に合わせたネックレス、例えばシングルペンダントのネックレスを選ぶと良いでしょう。

スイートハートネックは、首や肩、胸の谷間を強調します。ペンダント付きのネックレスを選ぶと、ネックラインのスペースとバランスが取れますが、ネックレスが長すぎるとエレガントに見えないので、その点を考慮しましょう。

試行錯誤が必要かもしれませんが、私たちのガイドラインに従って、少し試してみれば(常に自分のスタイルと機会を考慮しながら)、あなたに最適なネックレスのタイプを見つけることができるでしょう。

おすすめ
PDPAOLA x CENTRAL SAINT MARTINS: The PDPAOLA Scholarship
Vulnerability: weakness or bravery?