裏側
inside.

一歩を踏み出す:サステナビリティ

2022年は、私たちにとってエキサイティングなことがたくさんあります。そのひとつが、サステナビリティ・ランディングページの立ち上げです。これは、私たちが多くの努力と考えを注いできたものです。私たちは、自分たちのやり方を見直し、より良いものにしたいと考えました。

何度も言いますが、私たちはサステナブルな企業ではありません。では、なぜ持続可能性に特化したランディングページを立ち上げたのでしょうか?確かに私たちは持続可能な企業ではありませんが、私たち自身を向上させ、より意識的に行動することを心がけています。

サステナビリティ最高責任者のアロン・ピタに、これまでの歩み、今後の計画、そしてジュエリー業界について話を聞きました。「私の考えでは、業界として、私たちは繊維業界などの他の同様のセクターに一歩遅れていると感じています、おそらく近年より持続可能になっています。サプライチェーンの透明性とトレーサビリティへの取り組みを優先させたいと思います。なぜなら、これらは企業の環境および社会的影響を判断するための基礎となるものだからです。」

A CHALLENGE TO DO BETTER

アロンも宣言しているように、私たちのサステナビリティ・プランは「私たちのロードマップであり、ますますサステナブルな企業へと前進するための道しるべ」なのです。「この計画によって、私たちは出発点を理解し、ビジネスリスクや従業員、サプライヤー、顧客のニーズに対応し、目標を設定し、最終的にはサステナビリティに対する説明責任を果たし、その進捗を評価することができるのです。」

進行中の旅路

「私たちには、まだ長い道のりがあること、そしてこの旅路に近道はないことを十分認識しています。私たちは、リサイクルゴールドやリサイクルシルバー、ラボグロウンダイヤモンドなど、よりサステナブルな素材に移行することを戦略的に重視しています。これによって、製品の環境負荷を低減するだけでなく、採掘プロセスやそれに伴う社会的リスクを排除することができるのです。」とアロンは主張します。

そして、生来はどうなるのでしょうか。将来的には、サステナビリティが、デザインやコストパフォーマンスなど他の要素と同様に、製品やサービスを購入する際の判断材料になることを期待します」。

おすすめ