裏側
inside.

ファインジュエリーの世界:ラボグロウンダイヤモンド

ダイヤモンドは最も有名な宝石ですが、その起源やジュエリーになるまでの過程を詳しくご存知ですか?そして、ラボグロウンダイヤモンドという言葉を聞いたことがありますか?

ダイヤモンドは、地球のマントルの中で強い圧力を受けて形成され、最も希少なダイヤモンドは、さらに地球の奥深く、地底の中で形成されます。ダイヤモンドの形成には、10億年から30億年の歳月を必要とします。時間と例外的な自然条件の結果、この貴重な宝石は有限の驚異として分類され、富と魅力の普遍的なシンボルとなっています。それは、ダイヤモンドが「女の子の親友」と呼ばれる所以でもあるのでしょう。

象徴的で美しいです。しかし、この宝石には大きな欠点があります。それは、採掘に伴う高い環境コストと人道的コストがかかることです。しかし、消費者の意識が高まるにつれ、ジュエリー業界もそれに追随し、より持続可能な代替手段を提供する必要が出てきました。そこで、ラボグロウンダイヤモンドの登場です。



ラボグロウンダイヤモンドは、化学的、物理的、光学的に採掘されたダイヤモンドと同じです。自然な輝きと美しさを保ちながら、美しさと品質に妥協しない、よりサステナブルなアプローチで作られています。

ラボグロウンダイヤモンドの製造方法

たとえ実験室で作られたとしても、ラボグロウンダイヤモンドは採掘されたダイヤモンドと全く同じものです。プロの宝石鑑定士でさえ、地球で産出されたダイヤモンドと人工のダイヤモンドを見分けるのは難しいほどです。また、ラボグロウンダイヤモンドは、極度の圧力と熱を利用して誕生しますが、地球のマントルではなく機械の中にあるため、そのプロセスはより速く、数十億年ではなく3〜4週間ほどで成長するのです。どうか、テクノロジーと科学に大きな拍手を送ってください。

現在、高品質のダイヤモンドを育てるには、大きく分けて2つの方法があります。1つは高圧高温法(HPHT法)と呼ばれるもので、純粋なグラファイトカーボンと共にダイヤモンドの種を室内に入れ、高温にさらす方法です。もうひとつは化学蒸着(CVD)方式で、炭素を多く含むガスを満たした密閉容器にダイヤモンドの種を入れ、ガスが種に付着し始めるまで加熱し、ダイヤモンドを原子単位で成長させる方法です。



これらのプロセスにより、より持続可能なダイヤモンド産業が可能になるのです。鉱物資源の開発は、自然環境に不可逆的なダメージを与えます。ダイヤモンドの採掘は、鉱山の排水による水質汚染との関連が指摘されています。また、ウォールストリートジャーナル紙は2016年、ダイヤモンドがカナダの生態系を破壊する元凶であると報じました。また、採掘されたダイヤモンドは、1カラットあたり126ガロン以上の水を消費していることも注目すべき点です。さらに、炭素排出量も加えると、従来のダイヤモンドは1カラットあたり125ポンド以上の炭素を発生させます。一方、ラボグロウンダイヤモンドの炭素排出量はわずか6ポンドで、これは採掘されたダイヤモンドの排出量の4.8%に相当します。

つまり、ダイヤモンドは女の子の親友かもしれませんが、自然界はダイヤモンドに対して同じように感じていないでしょう。しかし、ダイヤモンドの双子の兄弟であり、より環境に優しいラボグロウンダイヤモンドを使えば、その美しさと輝きに感嘆することができるのです。ラボグロウンダイヤモンドの輝きをご覧になりたい方は、当社のファインジュエリーコレクションをご覧ください

おすすめ
PDPAOLA x CENTRAL SAINT MARTINS: The PDPAOLA Scholarship
Vulnerability: weakness or bravery?