裏側
faq.

ジュエリーの魅力と事実



エジプト、アフリカ、または中世に至るまで、ジュエリーは人類の歴史の中で常に特別な位置を占めてきました。貝や石、骨や金属を使ったジュエリーは、有史以前から存在し、石器時代から現代に至るまで人類に寄り添い、象徴を超えた装飾品として存在してきました。この永遠の旅は、私たちを神秘と驚きに満ちた好奇心で楽しませてくれます。そのいくつかを発見してみましょう。

まずは、独自の歴史を持つ結婚指輪について。婚約者に婚約指輪を贈るという伝統は、1477年にオーストリアのマクシミリアンがブルゴーニュ公マリアに、二人の愛と結婚の約束として見事な細工の指輪を贈ったことに端を発します。もちろん、マクシミリアーノは自分の行為が伝統になるとは思ってもみなかったでしょうし、それが今日まで時を経て残っていくとは思ってもみなかったことでしょう。

結婚指輪といえば、目立つダイヤモンドを思い浮かべます。そして、大きさについて考えるなら、これまで発見された中で最大の宝石であったカリナン・ダイヤモンドのことについてお話していきます。3,000カラット、1/2ポンドのこの自然の傑作は、1905年に南アフリカで発見されました。発見者であり、発見された鉱山の社長であるトーマス・カリナンにちなんで名づけられています。エドワード7世に引き渡され、現在はロンドン塔博物館にクラウンジュエリーの一部として展示されています。

古代の物語を思い浮かべると、琥珀が思い浮かびますが、この石は思っている以上に時を経ているものです。3000万年以上、木の樹液が化石化したおかげで作られています。これは、最も貴重な琥珀の石のいくつかがそれらの中に先史時代の昆虫を持っている理由です。半貴石であるだけでなく、時々、考古学的な発見につながることもあります。琥珀を身につけることは、歴史の断片を身につけることです。

そして、1つの石から、私たちは別のものに行きます、真珠です。なぜでしょうか? 興味深いこの論文で、それが生きている動物(牡蛎)から来る唯一の有機的な宝石であるとコメントする価値があるからです。世界で最も重要な真珠のいくつかは、マリー・アントワネットの真珠として知られています。彼女の真珠のネックレスは$ 32万ドルでサザビーズによって販売されました。真珠としては最高値です。

私たちは、宝石が悪からそれらを保護するお守りと考えられていた古代エジプトを忘れることはできません。知られているように、多くの作品には神々が存在し、悪いエネルギーと戦うために強力なお守りとなりました。

古代に目を向けると、古代中国の文化では、銀や翡翠に対する執着と愛着は限りなく強いものでした。翡翠は耐久性と美に関係し、中国文化では非常に重視される性質があります。これらのアイテムは、永遠のお守りや道具を作るために使われました。

実話:毎日、新しいことを学べます。私たちは死後の世界物語も集めていくつもりです。
それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

おすすめ
PDPAOLA x CENTRAL SAINT MARTINS: The PDPAOLA Scholarship
Vulnerability: weakness or bravery?