裏側
faq.

研磨と洗浄:何が違うのか?

お手持ちのジュエリーに輝きがなくなってきたと感じたことはありませんか?指輪やネックレス、イヤリング、ブレスレットの輝きが足りないのでは?特に毎日身につけていると、時間の経過とともにジュエリーは自然に摩耗していきます。お気に入りのジュエリーは、輝きを失い、少しくすんで見えるかもしれません。

ジュエリーの魅力を取り戻し、くすんだ印象を与えないためには、「磨く」「クリーニングする」という2つの方法があります。どちらも宝物の輝きを維持するための方法ですが、両者にはいくつかの重要な違いがあります。それらを発見してみましょう。



研磨か洗浄か?

従来のジュエリークリーニングがあります。このプロセスは、ジュエリーに付着した汚れや油脂(皮脂やボディローションなど)を除去することに基づいています。私たちは通常、日常的にジュエリーを身に着けているので、簡単に汚れ、その輝きを失うことになります。時々クリーニングをすることは良いことです。6ヶ月ごとに、正しいメンテナンスを確実にするために、自宅であなたの宝石をきれいにする必要があります。The Magの最後の記事の一つで、銀のクリーニングに関する我々のガイドをチェックすることができます

また、超音波洗浄のような専門的な洗浄システムもあります。この方法は、ダイヤモンドの洗浄に非常に推奨されています。ダイヤモンドは非常に繊細で、油脂を引き付ける自然な傾向があるためです(より頻繁にクリーニングを必要とします)。しかし、この洗浄方法はどういったものなのでしょうか?



振動を利用した超音波洗浄は、すべての異物が出るまで揺さぶり、傷や破損を防ぎます。また、この洗浄方法は、デリケートなゴールドジュエリーに最適で安全な方法です。強力でありながら繊細な洗浄が可能なため、洗浄リストに追加してください。

一方、私たちは、あなたの宝石をきれいにするためにはるかに徹底的かつ高価な技術は、研磨です。最高のものは?あなたの宝石は、新品のようになります。研磨ホイールを使って、ジュエリーに傷をつけることなく汚れを取り除き、ジュエリー本来の素晴らしい輝きを取り戻します。簡単そうに見える方法ですが、ジュエリーを正しく扱うには、専門家の手を信頼する必要があります。このタイプのクリーニングの後、あなたのジュエリーは新品のように見えることでしょう。



ジュエリーを洗浄するこの方法は、非常に機能的ですが、注意が必要です。作品の表面のごく一部を削るため、ジュエリーが損傷しないようにするために、年に2回未満をお勧めします。ジュエリーの研磨は、細心の注意と専門知識を持って行わなければならない方法なので、信頼できる専門的な場所を見つけるようにしてください。

私たちは、このトピックに関するあなたの疑問のいずれかを解決または支援されたことを願っています。これらのヒントをすべて覚えておいてください。しかし、常に毎日(そして毎晩)あなたのジュエリーの世話をするのが最善であることを心に留めておいてください。宝石はあなたに感謝します!

おすすめ