裏側
faq.

希望するチュートリアル:チェーンの絡みを解く方法

何度、ネックレスのチェーンが絡まったことがありますか?解こうとして何度ネックレスを壊したことでしょう?心配しないでください。このトラブルはあなただけではありません。この悪夢を経験したことがない人がいると思うと、不思議な気がします。多くの場合、それは私たち全員が内側に抱えている怠け心によって、ネックレスを正しく収納できないことが原因です。また、日中に複数のネックレスを着用していると、それらが首の中で絡まってしまうことがあります。そして、その結果は悲惨なものです。お気に入りのネックレスの多くは、この問題を解決する方法がわからないという怖れから、結局は捨てられてしまう可能性があります。



最初は、イライラするかもしれません。一歩一歩...深呼吸して、忍耐力を養い、チャレンジです。さあ、頑張りましょう!

  • 絡まったチェーンを平らな場所に置き、上に乗っているものを取り除いて、快適に作業できるようにします。この時、何本のネックレスが絡まったか、何個の結び目に直面しているかを実際に評価します。

  • 他よりも絡まっている鎖を分けて、もっと作業が必要な鎖を分類します。まずは複雑なものから練習して、最後に一番簡単なものを超高速でほどけるようになります。

  • ネックレスの留め具を開けられるものはすべて開けてください。この方法で解くとより簡単になります。

  • 細い針を使いましょう。細くてまっすぐな道具は、チェーンの絡まりをほどくのに最適な味方です。針がベストですが、マチ針でもOKです。結び目に挟み込み、左右に動かします。2本の針を同時に使い、円を描くように動かすと効果的です。結び目が十分に緩んだと感じたら、指を使い始めることができます。

  • また、潤滑油もあるとよいでしょう。オイルやベビーパウダーは、力を入れなくてもすぐに結び目を緩めることができ、最も固いポイントで手を助けてくれます。針の場合と同様に、結び目が十分に緩んだと感じたら、指を使い始めることができます。

  • 最も絡まっているポイントを緩んだら、チェーンの先端(チェーンがクラストに固定されているポイント)を探します。わかりましたか?その先端を、必要な回数だけ繰り返し用意したルースホールにゆっくりと通し、その度に緩いチェーンができるようにします。

  • 細いチェーンのリンクは繊細なので、ネックレスは常に穏やかな動きで扱ってください。強い力を加えると切れてしまうことがあります。
  • そして、「腕力よりも頭脳を重視する」ことを忘れないでください。

    おすすめ
    PDPAOLA x CENTRAL SAINT MARTINS: The PDPAOLA Scholarship
    Vulnerability: weakness or bravery?