裏側
faq.

ジュエリーの(語られなかった)物語

人類文明の重要な要素であるジュエリーは、歴史の中で変化し、進化してきました。単なる装飾品ではなく、ジュエリーは私たちの社会と思考の発展を追跡するのに非常に重要なものなのです。

ステータスシンボル

ジュエリーの使用は、シュメールやギリシャ文明にまでさかのぼることができます。海辺の部族は貝殻や魚の骨、色石を、内陸部の部族は羽毛や動物の骨を使ったジュエリーを身に付けていました。これらの基本的な材料は、その美しさだけでなく、宝石が持つ意味や飾るために使用されました。宝石は、これらすべての古代文明における権威と権力の象徴でした。古代文明においてジュエリーは権威と権力の象徴であったのです。



一粒の宝石、さまざまな意味

最古の宝飾品は約25,000年前に発見されました。古代文明が栄えた地中海沿岸のモナコ近郊の洞窟で発見された、魚の骨のネックレスです。この宝石に込められた意味は?想像力を働かせて推測することができますが、実は考古学者でさえも本当のところはわかっていないのです。



シンボロジーは常にジュエリーと関係しており、特に中世の時代にはその傾向は強い物でした。この歴史的な時代には、宝石は病気や不運を追い払うお守りだったのです。その魔力は、愛や豊穣、幸運や権力など多岐に及びました。ケルト民族からビザンチン帝国まで、さまざまな文化がこのような信仰を持ちました。

ジュエリーはまた、約束や社会的なつながりにも関係しています。奴隷にされた人々は、自分の所有者が誰であるかを示すためにブレスレットを身につけさせられました。もっと身近な例では、結婚指輪は愛し合う二人の約束を示すために身につけるものです。



しかし、ジュエリーの黄金時代はルネッサンス期でしょう。古典主義の復活と創造的な才能が混ざり合い、見事なジュエリーが生み出されました。14世紀に行われた宝石や宝飾品の素材の探求は、息を呑むような新しいデザインを生み出しました。金細工師や職人は真の芸術家となり、女性の髪を貴重な宝石で飾ったり、華やかなネックレスを作ったりしました。この時代、特筆すべきは ルボックス・リング or ポイズンリング。貴族たちは、コロンや髪の毛、愛する人の肖像画を入れたりして使っていました。



産業革命やアールヌーボーのような社会運動や芸術運動の影響を受けながら、ジュエリーは時代に合わせて変化してきました。20世紀半ば以降、ジュエリーは急激な変化を遂げ、新素材や新しいシンボルの使用により、ジュエリーの種類やスタイルは限りなく広がっていきました。



個性の表現

これまで見てきたように、ジュエリーは人間としてのあり方を複雑に表現しています。ジュエリーは単なる装飾品ではなく、象徴的であり、芸術的であり、意味を持つものなのです。ジュエリーは社会的地位を反映するだけでなく、気分や感情をも反映し、それを身につける人について多くを語ることができるのです。ジュエリーの未来がどうなるのか、楽しみです。

おすすめ
PDPAOLA x CENTRAL SAINT MARTINS: The PDPAOLA Scholarship
Vulnerability: weakness or bravery?