裏側
faq.

ホワイトゴールドとイエローゴールドの比較

ファインジュエリーを購入する際、私たちが直面する大きなジレンマのひとつが、ホワイトゴールドとイエローゴールドのどちらを選ぶかということです。しかし、金には他にもグリーンゴールドやローズゴールドなど、さまざまな色や合金があることは言うまでもありません。

せっかくジュエリー用語に慣れたのだから、「合金」という言葉も覚えておきたいですね。合金とは、貴金属と他の金属を混ぜ合わせることで、貴金属全体の性質を向上させるものです。なぜか?ジュエリーの合金は、貴金属の硬度や色などの特性を変えるので、美しい作品を作ることができるのです。



金合金

純金では柔らかすぎて宝飾品が作れないため、他の金属と合金にして強度と可鍛性を高めています。最も有名な金の合金は18Kイエローゴールドと18Kホワイトゴールドで、これらは私たちのファインジュエリー作品に使われているものです。しかし、もしあなたが金の総量を気にしているならば、18Kイエローゴールドもホワイトゴールドも同じ量であることを知っておくべきです。18Kイエローゴールドは金の量が18、その他の金属が6(合計24)です。

ホワイトゴールドは、ゴールドと少なくとも1種類のホワイトメタル(シルバーやパラジウムなど)の合金で、通常ロジウムメッキが施され、作品に輝きと耐久性を加えています。



イエローゴールドは、金と他の金属(通常は銅または亜鉛)の合金です。イエローゴールドの主な利点は、3つの金合金の中で最も低刺激で、伝統的に最も人気のある色であり、シーズンごとに常に最新であり、メンテナンスが最も簡単であるということです。

どの色のゴールドを選ぶか迷っているのなら、それはとても個人的な選択です。考慮すべき要素は、肌の色、個人的なスタイルや現在のファッションです。ゴールドの最も優れた点は、イエローでもホワイトでも、決して時代遅れにならないことです。

おすすめ
PDPAOLA x CENTRAL SAINT MARTINS: The PDPAOLA Scholarship
Vulnerability: weakness or bravery?